カランメソッドオンライン英会話 カランメソッド10の特徴 e英会話のカランメソッドコースの10の特徴

4倍速く英会話をマスターできる学習法

カランメソッドとは・・・イギリス、ロンドンを拠点に世界23カ国、300校以上の語学学校で採用されている英語教授法。朝の出勤前・お風呂上りや就寝前など、わずか30分の間にこのカランメソッドを「繰り返す」だけでネイティブスピーカーになれる!

カランメソッドオンライン英会話 カランメソッドコースの10の特徴

カランメソッドオンライン英会話 e英会話のカランメソッドコースの10の特徴
カランメソッドオンライン英会話 カランメソッドの特徴
  • 先生の質問に答えることを「繰り返す」だけで英語が話せるようになれる

学生時代に英語の勉強はしたけれど、英語が話せない、話す自信がない・・・と痛感している日本人はたくさんいらっしゃると思います。これまでも、英語は重要な受験科目のうちの一つとしてとらえられてきたので、「難しい」という固定概念があるのでしょう。また、日本人は自己表現に不慣れで、英語や外国人に対して苦手意識が高い傾向にあり、その気持ちが英語への高い壁を作っているのです。国際社会化した今、その現状は、隠すことの出来ない事実となっています。英語を話すことに必要なことは、決して英語を勉強する事ではなく、「英語に自身を持って話す習慣」を身につける事なのです。このメソッドは、英語に対する壁を取り除き、ネイティブの子どもが自然と母国語(英語)を身に付けるように、私たちも英語を身につけることが可能となる今までにない画期的なメソッドなのです。

特徴1 カランメソッドの実績

カランメソッドとは、イギリス、ロンドンを拠点に世界23カ国、300校以上の語学学校で採用されている英語教授法で、ケンブリッジ英検において、通常の学習方法と比べてわずか4分の1の学習時間で95%以上の合格率をマークしたこともある注目の英語習得法です。日本人の場合、英語を聞くと、頭の中で日本語に訳して、また英語に戻して話します。これは時間の無駄です。英語の文章は英語で理解して、英語脳を鍛えることが上達の近道です。そこで脳の回路を効率良く、確実に作ることができるのがこのカランメソッドです。スピーキング、リスニング、発音などを集中して勉強できますので、日本人にとって苦手なスピーキングのエリアが補強できます。非常に早い英語の質問を聞き、考える時間なしに答えるだけで英語が身につく流れとなっています。またカランメソッドでは、スピーキング力をあげるために何でも話せば良いという考えではなく、文法力を付けるために質問された事は、正しい文法で必ずフルセンテンスで答えるようにします。

特徴2 「2回同じ質問→すぐに答える」で驚きの効果

カランメソッドのプログラム通り進めていくことで、英語脳を形成できるからです。先生の質問に生徒が瞬時に答えるというキャッチボールを次々と絶え間無く繰り返すのに加え、先生と生徒ができるだけ速く喋らなければいけないという決まりがあります。普通のネイティブが話すスピードが一秒間に一分間に150〜180単語であるのに対し、カランメソッドコースの先生はあえて1分間に200〜400単語のスピードで話します。つまり、ほぼテープの早回しか早口言葉の練習のようなスピードで話すので、常に先生の言葉に神経を集中する必要があります。そして、何が何でも瞬時に答えていくことで、母国語に頭の中で翻訳させることを強制的にストップさせます。易しい、難しい関係なくとにかく質問を浴びさせて答えさせます。そして、分からなければ真似させるというネイティブの子達が小さい頃から言語を学ぶ過程を、脅威の速さと密度で効率良くやっていくことで、無意識に反射的に英語を返答できる英語脳を形成していきます。

特徴3 通常のレッスンの4倍の密度

通常のレッスンで英語を聞いたり話したりしている時間はわずか全体の25%しかなく、残りは考えたり黙っている状態であると言われています。しかし、この「カランメソッド」では違います。常に質問を浴びせられますので、嫌でも直ぐに回答しなければならないのです。もし、答えに詰まってしまった場合でも、先生が答えを導きながら出来るまで繰り返されます。これは、英語学習の初期にみられるスピーキングに対する恥じらいや気後れを早期に解消させ自信をもたせてくれるきっかけとなるでしょう。実際、30分のレッスン中には、なんと5000語もの単語を聞いたり話したりしています。通常のレッスンでは1200語といわれているので、この「カランメソッド」は非常に密度の濃いレッスンといえるでしょう。

特徴4 「繰り返す」ことで自然と身につく

「繰り返す」というのは語学を習得するうえで、非常に重要なポイントです。学習内容を何度も繰り返すことにより、着実に身につきます。カランメソッドでは、1〜12ステージまでレベル分けされており、各生徒のレベルに応じて復習をしながら進めていきます。基本的に生徒は、1つのステージをクリアする度に、そのステージに関しての要素を少なくとも60〜70%理解するように構成されています。そして、次のステージでは前のステージの復習を必ず入れるので、前のステージの理解度は60〜70%以上より高めることができます。例えば、ステージ8の終盤に行う確認テストで70%取れたら、ほとんど確実にステージ7の再テストを行っても80%取ることができ、ステージ6は90%、ステージ5は100%理解できる仕組みとなっています。

カランメソッドオンライン英会話 カランメソッドの特徴